煩悩まみれの日々の中で気付いたことを書き連ねてます。インコ達が天使のように舞い降り、煩悩が消えるかと思いきや、新たにインコ欲が加わっただけ。インコに関する記事も多めです。

煩悩天国

カッターの刃もフッ素加工で軽々切れる!?

投稿日:

フッ素加工って聞くと「フライパン」が浮かんでしまいますが、これからはカッターの刃もフッ素加工する時代に入ったみたいです。

引っ越しする時に買って以来、我が家では大型のカッターを使っています。

ダンボールを裁断する時でも、刃がゆがんだりしないので、安心して作業をすすめることが気に入っています。

刃の切れ味は抜群でこれ以上のものはないだろうと思っていましたが、知らない間にいいものが出ていました!

そのカッターの名前は

オルファ(OLFA) スピードハイパーAL型

もう名前からしてめっちゃ切れそう!そして、作業がはやくできそう!!

ただ、これにはベースモデルがあって、そちらの名前は

オルファ(OLFA) ハイパーAL型

違いは「ハイパー」の前に付けられた「スピード」。

要は作業スピードが上がるってことなんでしょうね。

オルファ(OLFA) スピードハイパーAL型 227B

ぱっと見は普通のカッターなんですけど、実は明らかな違いが。

それは刃の色。

普通カッターの刃の切る部分は金属の色なのですが、この「オルファ(OLFA) スピードハイパーAL型 227B」の刃は全部黒いんです。

SPEED BLADE

って書かれた刃はカッコいいかも。

オルファ(OLFA) スピードハイパーAL型 227B

ちなみに、カッターの刃とは反対の部分に出っ張っている部分は、ダンボールを封した紙テープを切って開けるためのものです。ペンキ缶なんかのフタもこれでらくらく開けられます。

地味ですけど、かなり便利。

 

オルファ(OLFA) スピードハイパーAL型のキモは黒い刃(SPEED BLADE)

オルファ(OLFA) スピードハイパーAL型のキモはもちろん黒い刃。

この刃には、研磨面(物を切る時に使う部分)にフッ素加工がされていて、切る物との摩擦を低くします。

そのため、ダンボールなど切る時に必要になる力を半減してくれる優れものなんです!

包装の裏にある説明書きにも、

ダンボールカット時の切断抵抗値 約1/2

と書かれています。

約半分の力で切れるってすごくないですか!!

オルファ(OLFA) スピードハイパーAL型 227B

実は黒い刃(SPEED BLADE)だけで別売りされているんです!

今回はこどもが学校行事で使うので、新たに「オルファ(OLFA) スピードハイパーAL型」を1個買いましたが、既に家にカッターがあるのに、買い増すのはちょっと。。。という方も多いと思います。

そんな方のために、実はSPEED BLADEだけ売られています。

セット販売しかしないような会社もある中、良心的!

そして、値段も良心的!!

5枚入りで172円(※2019年6月17日Amazon調べ)!!!

これをオルファ(OLFA) ハイパーAL型に付けるだけで、なんとオルファ(OLFA) スピードハイパーAL型に早変わり!!!

1枚当り34.4円

ちなみにフッ素加工されていない普通の替え刃の値段は

オルファ(OLFA)  替刃(大) LB10K(10枚入り) 492円(※2019年6月17日Amazon調べ)

1枚当り49.2円

はい??

普通の替え刃の方が高い???

これはSPEED BLADEを買わない手はないですね!!

オルファ(OLFA) カッター替刃 スピードブレード(大) 5枚入 LBSP5K

 

カッターの刃なんて地味過ぎて注目もされないグッズですけど、刃の切れ味が無駄な力が必要になりますし、切れの悪い刃はケガの原因になる恐れもありますので、ご家庭のあるカッターの刃、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。

-家事

Copyright© 煩悩天国 , 2021 AllRights Reserved.