煩悩まみれの日々の中で気付いたことを書き連ねてます。インコ達が天使のように舞い降り、煩悩が消えるかと思いきや、新たにインコ欲が加わっただけ。インコに関する記事も多めです。

煩悩天国

インコ用キャリーの固定にはモンベルのラダーロックストラップがおすすめ

更新日:

我が家ではインコ達用のキャリーにHOEIのハートフルキャリーをメインに使っています。

簡単に分解・清掃・収納ができる優れものではありますが、プラスチックの底部分への固定が爪をひっかけるだけになっているので、ちょっとした衝撃で外れて、インコ達を逃がしてしまう恐れがあって、必ず底を手を添えるようにしています。

ただ、万が一に備えてプラスチックの底部分を固定する「何か」が欲しいと思って、ずっと探していました。

そして、やっと信頼できて、しかも簡単に使えるものを見付けましたので、ご紹介します。

その優れものとは、アウトドア用品で有名なモンベル謹製「ラダーロックストラップ 25mm×120cm」です!

モンベル ラダーロックストラップはインコ用キャリー固定専用?

モンベルが販売している荷物などの固定に使用する「モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝」を見つけた時には「これだっ!」とピンと来ました。

価格も2本セットで440円と1本当たり220円と高くはありません。100円ショップよりはちょっとお高いですけど、モンベルのものは信頼感が違います。

モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝

裏はこんな感じ。

まぁ、特に見る必要もない裏側。。。

モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝

袋から出すとこんな感じ。

アウトドアでの使用を想定されているグッズらしく、非常に堅牢な作りになっています。

バックル部分は本格的なバックパックに使われているものと同じ感じ。

ベルトもしっかりした素材で、通常の使用において切れたりする可能性は皆無でしょう。

モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝

横からの見た目はこんな感じ。

モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝

これをHOEIハートフルキャリーに使ってみるとこんな感じになります。

モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝とハートフルキャリー

インコ達がいたずらしそうなベルトが露出した部分を最小限にしながら、底部分と上部のアミをしっかり固定してくれてます。

しかも、ハートフルキャリーは横アミなので、幅広のバンドでも綺麗に固定することが可能です!

まさにHOEIハートフルキャリー専用の固定バンドみたいな感じ!!

モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝とHOEIハートフルキャリー

底部分には短いながらも足がついていますので、バンドが地面に触れてぐらぐらすることもありません。

120センチのバンドを使う場合は、この写真のようにかなりの長さが余ってしまいますが、気になる方は適切な長さで切断して、切断面をライターなどで炙って溶かしておくと糸のほつれもありません。(※くれぐれも火災に注意して処理を行ってください)

モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝とHOEIハートフルキャリー

縦アミのHOEIケージにもぐるっと回せば使うことができます!

今回はキャリー固定用に購入しましたが、ケージの底部分を固定するのにも使用することが可能です。

465オカメや465オカメステンレス、または465パラキートを除くと、HOEIのケージの多くには縦アミが採用されています。

縦アミの場合は、25mmというバンドの幅があだとなって、ハートフルキャリーと同じ方法で底部分を固定することができません。

でも、安心してください!

実は2本入っているベルトを繋げることによって120×2=240センチ(実際には約230センチ)の長さのバンドになるため、465インコでも一周ぐるっと回すことが出来ますので、多くのケージを固定することが可能なのです。

モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝の連結

「モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝」は、モンベルのオンラインショップ、またはモンベルショップやモンベルの製品取り扱いのあるアウトドア用品店で購入可能です。

モンベル ラダーロックストラップ 25mm×120㎝

これと同じ構造のストラップがアウトドア用品店で販売されていますし、別々にパーツとして販売されているベルトとバックルを買って自分で組み合わせることも可能です。

お近くの100円ショップで売られていないような場合は、ぜひアウトドア用品店も探してみてくださいね!

-インコ, 小鳥

Copyright© 煩悩天国 , 2021 AllRights Reserved.