煩悩まみれの日々の中で気付いたことを書き連ねてます。インコ達が天使のように舞い降り、煩悩が消えるかと思いきや、新たにインコ欲が加わっただけ。インコに関する記事も多めです。

煩悩天国

JINSのネジは+00ドライバーで締められます!

更新日:

※この記事を書き終わった後で、JINSさんから「極力テンプルの丁番のネジはショップで増し締めして頂きたい」とのアドバイスを頂きました。気が付いたらゆるゆるで今にも外れてしまいそうって場合の緊急避難的措置は別として、少し緩んできた時のメンテナンスはJINSショップにお願いするのが安全なようです。眼鏡用として売られているドライバーがうまく入らない場合は、+00のドライバーでネジを回すことが出来ますが、ネジ山をなめる恐れがありますので、あくまで緊急避難的な対応として増し締めを行ってください。

長いメガネ生活で色々なメガネを使って来ました。

ある時期は「アイメトリクス」とか「999.9 Four Nines」とか使っていましたし、少し前は金子眼鏡で買った作家さんの銘の入ったメガネも使ってもいました。やっぱりいいフレームは気持ちいいんですよね。

でも、高い。高過ぎる。

特にレンズが。。。

フレームと一緒に買う時は気分が高揚していて感じないんですけど、度が進んで、レンズだけ交換しようとする時にその高さに交換を躊躇してしまう。。。そして、度が合わないままに使い続けてしまう。。。そして、目が痛い、頭が痛い、肩が凝る。

良くないって分かっていても、ずっとそれの繰り返し。

そんな状態から救い出してくれたのがJINSでした。5000円とか8000円とかで、レンズだけじゃなくくて、フレームとレンズがセットで買えてしまう。これってすごいことですよね。

定期的に開催されるセールは必ずチェックして、そこでいいのが見付からない時は、誕生日にもらえる20%割引クーポンを使って、ほぼ年に一回買い替えています。(※実はJAFでも20%割引クーポンがもらえるので、誕生日を待つ必要はないんですけどね。。。)

そして、そんな僕に倣って、妻子もJINSに替えたので、今では家族全員がJINS党。

そんな我が家の日々の生活を支えてくれているJINSなんですが、テンプルを固定している丁番のネジを締める時に+ドライバーが上手くハマらずに山をなめてしまうことがしばしば発生してきました。

ネジが緩んだら、どこのショップに行っても増し締めをしてくれますし、鼻当てのシリコンが紛失・劣化した場合も嫌な顔ひとつせずに無料で交換してくれるので本当にありがたいんですけど、テンプルがゆるゆるになっていることに寝る前に気付いた時は出来れば自分で増し締めしたいって思います。そんな状態では学校も仕事も行きたくないですよね。

でも、今までメガネのネジの増し締めに使っていたドライバーがしっくり来ない。。。

ネットで調べたところ、JINSのメガネのネジはM1.4で増し締めには+0サイズのドライバーがいいらしい

そんな訳で買いました!M1.4用の+0ドライバー!!

買ったのは、

ベッセル(VESSEL) 精密 ドライバー Gグリップ +0×100 990

精密ドライバーのことはよく分からないので、今回は価格と評価だけで決めました。

 

ベッセル(VESSEL) 精密 ドライバー Gグリップ +0×100 990

やっぱり今まで使ってきた得体の知れないドライバーよりもやってくれそうな面構え。

刃先のサイズは「+0」となってます。

ベッセル(VESSEL) 精密 ドライバー Gグリップ +0×100 990

そして、信頼の「MADE IN JAPAN」

いいですねー。

ベッセル(VESSEL) 精密 ドライバー Gグリップ +0×100 990

これで早速ゆるゆるになっていたテンプルの丁番を締め付けようとしたところ、あれっ。。。

ネジ山にドライバーがしっかり入らない( ノД`)シクシク…

かなり力を入れて押し込んでも、しっかり入った感触はなく、回す時にネジ山をなめてしまいそうな感じ。

ドライバーが不良品の可能性もゼロではありませんが、もう間違いなくネットに書かれていた

JINSのメガネのネジのサイズはM1.4

という情報が間違っていた可能性が高いです。

または、ネジのサイズはM1.4で合っていても、ネジ山が細い特殊なネジを使っているのかも知れません。

いずれにしても、+0というサイズのドライバーでは正しく増し締め出来ない感じです。

困りました。。。

JINSのメガネのネジは+00サイズのドライバーで増し締めできます!

ここまで来たら引き下がれません。

で、買いました!

ベッセル(VESSEL) 精密 ドライバー Gグリップ +00×75

 

ベッセル(VESSEL) 精密 ドライバー Gグリップ +00×75 990

サイズは「+00」

ベッセル(VESSEL) 精密 ドライバー Gグリップ +00×75 990

さっそく試してみると、+0よりも溝に入った感じがします。

問題なく、ネジを回すことも出来ます。

でも、もう少し大きなネジを回す時のようなフィット感が無いので、若干の不安も残ります。。。

ただ、ネジ山をなめずに回せたらそれでOKなの訳なので、これでOKということにします。

いちおうJINSさんの方に、テンプルの丁番のネジを増し締めするには、どのサイズのドライバーがいいのかを問い合わせしています。

ちょっと順番逆ですが、「+00でいいですよ」と言ってくれることを期待しながら待っているところです。

問い合わせにJINSから回答を頂きました

JINSから回答を頂き、スッキリはしました。(※でも、解決はしていない。。。)

その内容は、メガネのテンプルの丁番に使っているネジのサイズは

  • M1.2
  • M1.4

の2種類だということです。

+0のドライバーで上手く回せないネジはM1.2の可能性があります。

仮にM1.2だとしても、+00のドライバーを使えば回せますので、+0か+00のドライバーがあれば、ゆるんだネジを締めることができるはずです。

ただ、 ネジのサイズと一緒にJINSからは

  • 精密ドライバーを使用して自分でネジを締める方がいると思うが、ネジ山をなめてしまう恐れがあるため、JINSショップを利用してネジの増し締めをして頂きたい。(そのため、使用するドライバーのサイズは案内できないそうです)
  • メガネのモデルによっては、特殊な形状のネジを使用している場合があり、きつく締めすぎるとフレーム本体(樹脂)がえぐれてしまう恐れがあるため、きつく締めないように注意して頂きたい。ただ、できればJINSショップで無償メンテナンスを受けて欲しい。

とのことでした。言われていることはよく分かりました。

なので、増し締めはあくまで緊急避難で、日常的なメンテナンスはJINSのショップでお願いしようと思います。

そうそう頻繁に買い物をする訳でもないですし、そもそも高い買い物でもないのに、ネジの増し締めをショップにお願いするのは気が引けていましたが、これからは勇気をもってお願いしようと思います。

-ファッション, 生活

Copyright© 煩悩天国 , 2021 AllRights Reserved.