煩悩まみれの日々の中で気付いたことを書き連ねてます。インコ達が天使のように舞い降り、煩悩が消えるかと思いきや、新たにインコ欲が加わっただけ。インコに関する記事も多めです。

煩悩天国

モニターカメラをインコの見守り用に欲しいのだけど

更新日:

※悶々とした考えを書き連ねているだけで、結論は「どれがいいかわからない」のままです。購入を検討されている方には、役に立たない記事ですのでご注意ください。

でも、どれがいいのかぜんぜん分からない。。。

かなり前から、そう最初のインコをお迎えした直後からインコの見守り用にモニターカメラが欲しいって思い続けています。思ってはいますが、未だに決めきれずに買えていません。

購入された方からは「すごくいい!」と教えて頂き、その都度購入しようと探すんですが、結局どれがいいのか分からなくなり、頭がヒートアップしてシャットダウン。。。

さすがにそろそろ買いたいんですが、探す都度、なんか種類が増えているみたいで、更に決めるのが難しくなってきているかも。

例えば、Amazonで「見守りカメラ」を検索すると「検索結果1000件以上」と表示されてしまい。。。

レビューの評価順で並び替えて見ても、評価が高いものが多過ぎて、絞り込めません。

というか、評価がちょっと高過ぎな感じもあり、不信感が。。。

見守りカメラ @amazon

レビューが628もあって、★★★★★ってあり得るんでしょうか?

心が曇ってしまっているせいか、素直にレビューを信じることができません。

レビューも個別に確認しましたが、以前のような「翻訳感」はなくなりましたが、見守りカメラを幾つも買っている人がコメントしていたり、やらせ感が漂います。

それと左端と左から2番目。

1080Pと1536Pと違っていますが、別ブランドなのに見た目がそっくり。

よく見ると、一方は足が付いていて、もう片方には付いていないという違いはあります。

でも、LEFUNの方には底に不自然な凹凸が見られます。

そして、CONICOもLEFUNも両方とも同じ場所に画像の汚れが見られます。

この2つの製品写真は、画像処理で「CONICO」と「LEFUN」を入れ替えただけのもののようです。

Conico 1080P

レンズに入ったアイキャッチのような光が理想的過ぎるので、画像処理しているのは間違いありませんが、もしかしたらこれは写真ですらないのかも知れません。

LEFUN 1536P

下は「bedee」とロゴがありますが、「CONICO」と「LEFUN」と同じもののようです。

角度を変えた画像に、ブランド名だけではなく、完全に別の商品だと思ってしまわれる方も多いと思います。

良くないです。。。

こういう商品を「ホワイトラベル」と呼ぶらしいです。

工場からメーカーラベル無しの商品をOEM供給してもらい、それに自分ランドのラベルだけ貼って販売するスタイル。

悪いことではないんですけど、こうも同じ商品が乱立すると混乱するので、できれば一市場一ブランドに限定して欲しいところです。

無理でしょうけど。。。

bedee 720P

今の世の中、中国製品を買わずに生活出来ない位に、身の回りのものの多くが「Made in China」になっています。

ですから、「中国製品だから悪い」ということは言えないレベルになっていますが、残念なことにこういった感じのトリッキー売り方をされることが少なくないので、注意したいと思っています。

そんな時に心強いのがユーザーのレビューなんですが、本当の購入者ではない人がレビューを書いているケースが数多く潜んでいそうで信頼できません。

実は身近なところに、無料で商品をもらってレビューを書いている人を知っているので尚更不信感が募ってしまいます。

レビューだけを頼りにしていたら、検索した時、トップに表示される

  • ベストセラー
  • Amazon's Choice

をチェックして、レビューが多くて、内容も良かったら、それに決めてしまいますよね。

ちょっとこの表示のされ方には不満があります。

信頼出来る情報が少ない見守りカメラ

色んなサイトを読みましたが、スペック的に「いい」とか「わるい」とか書いているばかりで、信頼のおける記事が見つかりません。

個人の方で購入された商品をレビューされているケースもありますが、商品の性格上いくつも買って比較することはないので、それも比較を難しくしています。

それじゃ日本製にしようかと思って、日本製を探すと急に値段が跳ね上がってしまいます。それと評価もグンと下がります。たぶん、それがリアルな評価なのでしょう。中華製品の評価はちょっと信用できません。

信頼ができるのであれば中華製品でも全く問題はないんですが、最近のHUAWEI問題もありますし、バックドアとか仕込まれている商品を掴んでしまったらとか考えると軽い気持ちで試すことができません。

こんなことをずっと繰り返してきている訳ですが、さすがにそろそろ本当に欲しいので、なにか先ずは商品を見定める方法を見付けないといけないですね。

そんな中、サポートとかしっかりしていそうで、I-O DataとPanasonicが気になり始めています。

I-O Dataはギリギリ行けそうな金額。

amazonでは10000円位。

よく分からない中華商品の倍。

ここまでなら出せるかなという限界。

でも、Panasonicは。。。

Panasonic、そりゃきっといいんでしょうね。

20000円はキツイ。。。

検討します。

-インコ, 小鳥

Copyright© 煩悩天国 , 2021 AllRights Reserved.