煩悩まみれの日々の中で気付いたことを書き連ねてます。インコ達が天使のように舞い降り、煩悩が消えるかと思いきや、新たにインコ欲が加わっただけ。インコに関する記事も多めです。

煩悩天国

フッ化物の濃度が一番高い歯磨き粉はどれ?

更新日:

過去記事「ガッテン!で紹介されたイエテボリ テクニックできますか?」でイエテボリテクニックで磨きやすい歯磨き粉をご紹介しました。

記事を書いてから、家族全員で毎日イエテボリテクニックを実践していますが、ふと気になることが。。。

歯磨き粉に含まれるフッ素が大事なら、フッ素濃い方がいいんじゃないの?

フッ素は害にもなるらしいので、安全に使える範囲内である必要がありますが、その範囲内であれば濃ければ濃い方がイエテボリテクニックの効果も高いはず!

今まで歯磨き粉なんてどれもいっしょと「味」「値段」だけで決めてきましたが、一度含まれるフッ素についても注目してみたいと思います。

各種調べてみました!

歯磨き粉・歯磨きフォーム メーカー フッ化物・フッ化物 濃度
クリニカ アドバンテージ ライオン 1450ppm
クリニカ アドバンテージ コートジェル ライオン 1450ppm
コンクール ジェルコードF ウェルテック 950ppm
チェックアップ スタンダード ライオン 1450ppm
チェックアップ フォーム ライオン 1450ppm
シュミテクト アース製薬 1450ppm
システマEX ライオン 1450ppm
バトラー エフペーストα サンスター 1450ppm
クリアクリーンプレミアム むし歯予防 花王 1450ppm
GUM 歯周プロケア サンスター 1450ppm
クリンプロ 歯磨きペースト 3M 950ppm

調べているうちに気付いたこと、それは濃度が1450ppmが頭打ちしてしまっている点。

歯磨き粉に含まれるフッ素濃度は2017年から1500ppmが上限になっています

それまでの上限は1000ppmでした。

虫歯を予防する上で更に高濃度のフッ素の方が効果が高いことが分かっていました。海外では国際基準(ISO)の1500ppmを上限にしていて、健康被害も見受けられないことから、2017年に厚生労働省が上限を1500ppmとすることを承認しました。

それを受けて、日本の歯磨き粉・歯磨きフォームに含まれるフッ素濃度が引き上げられ、現在の1450ppmが上限で揃うことになったようです。

1500ppmが上限ですが、万が一製品にバラつきがあって1500ppmを超えるようなことがあっては大変!と各社1450ppmと上限まで50ppmの余裕を持たせてフッ化物濃度を設定したようです。

この横並び感、日本らしい。

4. 日本歯磨工業会の取り組み

むし歯の予防に最も有効な方法としてフッ化物の利用があります。最近、日本でも口腔衛生がすすみ、口腔衛生の先進国である北欧や、アメリカなどの国と比べても、こどものむし歯の数がずいぶんと減ってきました。

こどものむし歯が減った一因として、日本でもフッ化物の利用が進んできたことが挙げられます。
現在、日本で実施されているフッ化物の利用には、科医でのフッ化物歯面塗布、医薬品のフッ化物配合洗口液、医薬部外品のフッ化物配合歯磨剤の利用があります。

ところで、一般の店頭で広く販売されている医薬部外品、化粧品の口腔衛生用品に歯磨剤と洗口液がありますが、薬用歯みがき類の承認基準でフッ化物の配合が認められているのはペースト状や粉状などの医薬部外品歯磨剤のみで、洗口液や液体歯磨剤などには認められていません。また歯磨剤のフッ化物濃度の配合上限は、薬用歯みがき類の承認基準では1000ppm(フッ素として)と定められており、諸外国で採用されている国際基準(ISO)と比べて低くなっています。歯磨剤に配合可能なフッ化物濃度の範囲を広げることは、むし歯が気になるお客様の健康増進にとって有益なことと考えられます。この度、諸外国で採用されている国際基準(ISO)と同じくフッ素が1500ppmを上限として配合された製品が、2017年3月に厚生労働大臣により承認されました。日本歯磨工業会では、お客様がフッ化物を増量した歯磨剤を選択し適切にご使用いただくための調査・検討を進めており、その一環として、フッ素の配合量の合計が1000ppmを超え1500ppm以下である高濃度フッ化物配合歯磨剤の製品に記載すべき注意表示の自主基準を作成しました。この自主基準は、2017年3月に厚生労働省から都道府県宛てにも通知されています。

フッ化物を配合する薬用歯みがき類の使用上の注意について PDF(2.36MB)
(平成29年3月17日付け薬生薬審発0317第1号 薬生安発0317第1号通知)

高濃度フッ化物配合薬用歯みがきの注意表示等について(日本歯磨工業会) PDF (2.31MB)

日本歯磨工業会では、より広くフッ化物の製剤を提供するための活動につとめ、むし歯の数を減らすこと、つまり厚生労働省と日本歯科医師会の推進する8020運動に協力していきます。また、一般用医薬品のフッ化物配合洗口液の医薬部外品化等、フッ化物をさらに広く利用できる環境づくりに努めてまいります。

出典:日本歯科工業会 「フッ素情報館 4. 日本歯磨工業会の取り組み」

ただ、これは歯磨き粉と歯磨きフォームに限られたことで、マウスウォッシュ(洗口液)や液体歯磨きにはフッ化物を配合することが承認されていません。

間違って飲んでしまうことを危惧しての配慮だとは思いますが、8020運動を推進する上では、ぜひとも規制緩和をお願いしたいところですね。

⚠ご注意ください⚠ 6歳未満の子供には1000ppmを超えるものは使えません

2017年に歯磨き粉に含まれるフッ化物の濃度が

1000ppm ⇒ 1500ppm

に上限が引き上げられましたが、これは6歳以上の場合であって、6歳未満のこどもの場合は、従来通りフッ化物の濃度が1000ppmまでの歯磨き粉を使うようにご注意ください。

2017年度から上限まで濃度が上げられた歯磨き粉には、

  • 6歳未満の子供には使用を控える旨
  • 6歳未満の子供の手の届かない所に保管する旨

の注意書きがされていますので、必ずそれを確認して守ってください。

6歳未満のこどもの場合、上限1000ppmを目安にフッ化物入りの歯磨き粉を選んで頂くことになりますが、吐き出すことがまだ難しい乳幼児(1~2歳)の場合は、

フッ化物の濃度が低い(100ppm程度)

泡状または液状スプレータイプの歯磨き剤を使うことが小児歯科より推奨されています。

6歳未満のこどもが1000ppm、乳幼児の場合は100ppmにフッ化物の濃度を制限する理由は、フッ化物を過剰に摂取することによる歯のフッ素症を心配してのことなんです。

生まれてから満8歳になるまでの期間に、濃度の高いフッ化物を継続して摂取した場合に、歯のフッ素症と呼ばれるエナメル質が白く濁ってしまう症状が発生する恐れがあります。

ただ、これは水道水にフッ化物が入れられているフロリデーション地域での話で、6歳未満のこどもが1000ppm、乳幼児の場合は100ppmにフッ化物の濃度に制限していれば、日本で起きる心配はないそうです。

ただ、不安がある人は、小児歯科の先生に相談されることをお勧めします。

普通の歯磨き粉でイエテボリテクニックを実践中

現在、我が家の大人は

  • システマEX(LION)
  • チェックアップフォーム(LION)

を使って歯磨きしています。

システマEXとチェックアップフォーム

奥さんはシステマEXでイエテボリテクニックをするのが嫌らしく、システマEXで磨いた後にチェックアップフォームで再度イエテボリテクニックをしています。

僕は元々虫歯が出来やすい歯質なのに加えて、内服薬のせいで唾液が少なくなっている状態なので、念には念を入れて、両方でイエテボリテクニックを実践しています。

二重でしたら効果も二倍だったらいいんですけど、恐らくはチェックアップフォームだけの効果になってしまっているとは思います。

ただ、この記事を書くことで衝撃的な事実に気付いてしまいました。

それは、最強だと思っていたチェックアップフォームですが

フッ化物の濃度が995ppm

だったことです。

もともとこの商品は歯磨き粉を吐き出すことがこんなんな年齢のこども(高齢者にも使われているみたいです)向けの商品なので、フッ化物濃度を上限の1450ppm(規制の上限は1500ppm)まで上げてしまうと6歳未満のこどもに使えなくなってしまいます。

そこで、多くの歯磨き粉が2017年以降フッ化物濃度を1450ppmに上げている中、チェックアップフォームは995ppmに据え置きになっている状態です。

うちの子は刺激物が苦手なので、仕上げ磨きには今後もチェックアップフォームを使うとして、大人にはチェックアップフォームを使う意味はなさそうです。というか、出来れば普通の歯磨き粉を使った方がフッ化物濃度が高いので、イエテボリテクニックの効果はあがるはずです。

そこで、現在使っているシステマEXでイエテボリテクニックをしようと思って改めて確認したんですけど、パッケージのどこにも「1450ppm」とは書かれていません。

裏を見ても同じ。

LIONシステマEX

どこにも1450ppmとの表記がありません。。。

なんで?

LIONのサイトには裏面の画像がないので、Amazonで確認。

うちにあるのと裏面の表記が違います。

  • 高濃度フッ素1450ppm配合
  • ご注意●6才未満への使用は控え、子供の手の届かないところに保管する。

とあります。

もしフッ化物を1450ppmに上げた場合は、この「6才未満への使用は控え、子供の手の届かないところに保管する。」の表記が必須になるはずですので、この表記が無い我が家のシステマEXは古い在庫のようです。

そう言えば、奥さんが「なんかすごく安売りしていたから3本も買って来ちゃった」と言ってました。。。

OMG

フッ化物濃度が低い旧型商品の処分に協力してしまったようです。

これは今後注意が必要ですね。

LIONシステマEX

出典:Amazon システマEXハミガキ メディカルクール 130g [医薬部外品]

そんなこんなで、今家にあるシステマEXのフッ化物濃度が950ppm(良くて。。。本当はもっと下かも( ;∀;)らしいので、しっかりイエテボリテクニックを実践するために、買って来ました!

クリニカアドバンテージ!!

裏面を見なくても、

高濃度フッ素 1450ppm配合

と表に書かれています!!これなら安心です。

クリニカ アドバンテージ

さっそくイエテボリテクニックを実践してみたところ、995ppmの時と比べると、磨き終わった後の歯のつるつる感が違います。

やっぱ995ppmよりも1450ppmですね!!

 

そんな訳で、歯磨き粉に含まれるフッ素濃度が1450ppmに安定するまでは、フッ化物濃度が995ppm旧型商品が在庫処分セールされている可能性がありますので、歯磨き粉をセールで買う場合は必ずフッ化物濃度を確認するようにしてくださいね!

それでは、よいイエテボリテクニックを!!(^_^;)

 

-健康

Copyright© 煩悩天国 , 2021 AllRights Reserved.