煩悩まみれの日々の中で気付いたことを書き連ねてます。インコ達が天使のように舞い降り、煩悩が消えるかと思いきや、新たにインコ欲が加わっただけ。インコに関する記事も多めです。

煩悩天国

吸湿発熱繊維の最強アイテムはブレスサーモ

更新日:

奥さんが超絶冷え性なので、冬場は吸湿発熱繊維アイテムで常に人体実験をしてます。

ファストファッションからアウトドアブランドまで色々試した中で「最強」の称号を得たのは、ミズノの「ブレスサーモ(BREATH THERMO)」でした。(※我が家比)

ブレスサーモ

ブレスサーモのCMは、でんじろう先生に加えて現在松岡修造さんも出ていますが、暖かいというよりも「熱い」、または「暑苦しい」とさえ感じてしまいます。

スポーツ用品店に行くと、ブレスサーモの繊維に水をかけて発熱させる実験をすることができるので、スポーツ用品店に行ったら是非ブレスサーモの売り場を探してみてください。

ブレスサーモが暖かいのは、素材にしているブレスサーモという繊維が急速に水を吸収することで他の繊維より大きな熱を発するためです。

繊維が水を吸収する時に熱を出す現象は、昔から知られている珍しいものではありません。

繊維が水を吸って熱を出す現象は、吸着発熱と呼ばれ、全ての繊維について起こる現象です。一般には余り知られていませんが、実はコットンでもティッシュペーパーでも発生します。(この現象の反対が繊維から水が蒸発する時に奪われる気化熱です。)

この吸着発熱の程度は繊維によって異なり、以前はウールが最高で、化学繊維ではウールには遠く及ばないと考えられて来ました。とにかくウールの発熱量って凄いんです。脂も含んでいるため、熱が蓄積すると発火する恐れもあるとか。凄い発熱量ですね。

それが近年の化学繊維の進化によってウールのように発熱する繊維も開発され、それがここ数年の吸湿発熱繊維ブームに繋がっています。

ブームになって様々な製品が発売されましたが、「発熱」を謳った製品が皆同じように発熱する訳ではなく、吸湿発熱性能はまちまちです。安いからと飛びつくと、余り発熱しない素材だったりする可能性は十分あります。

ユニクロのヒートテックがブームになった背景には

「吸湿発熱する高機能な繊維がこんなに安いなんて!」

って感覚があったと思いますが、これは正しい認識ではありません。

発熱はどんな繊維でもします。コットンやティッシュペーパーでさえも発熱しますから!

要は発熱量。

単位量当たりの発熱量がどれほどあるかが重要です。

ユニクロの超極暖(ヒートテックから極暖ができて、今シーズンは超極暖になりましたが、来シーズンはネーミングをどうするつもりでしょうか?ウルトラ極暖とか??)は繊維量を増やすことで発熱量を増す戦略のようですが、それは間違っていません。

同じ繊維を使ってより暖かくするには厚くするか、繊維の目を細かくすることが有効です。

ですが、単位量当たりの発熱量が更に高い繊維には勝てません。

とは言え、単位量当たりの発熱量が高ければ必ず暖かいと感じるかと言えば、必ずしもそうとは言えない難しい要素もあります。

アンダーウェアを着ていて暖かいと感じるためには、

  • 水蒸気を急速に吸い取って発熱する
  • 吸い取った水蒸気を肌に接した部分から外側に移動させる(肌に接する部分に水分が残ると冷たく感じます)
  • 繊維が風を通しにくく、空気の層を維持することができる
  • 繊維素材の熱伝導率が低く、肌に触れてもヒヤッとしない

などの要素が絡み合っています。

水蒸気を急速に吸い取って発熱しても、水分が飽和量に到達すると発熱をしなくなりますし、繊維から蒸発する水蒸気が気化熱を奪うため、繊維が薄い場合などは逆に冷たくなってしまうかも知れません。そのため、ある程度の厚みが必要になりますが、アンダーウェアである以上はある程度の薄さを維持する必要もあります。その当たりを試行錯誤しながら各社しのぎを削っているところだと思います。

その中で、優れた発熱量に加えて適度な厚みと繊維の構造によってライバルと差をつけているのがブレスサーモだと言えます。

ブレスサーモの凄いのは暖かさだけじゃない

ブレスサーモは暖かいだけじゃないんです。

とにかくヘタレない。そして、毛玉もできにくい。

ユニクロのヒートテックは暫く使っていると何だかくたびれた感じになってしまいます。まぁ、安いので仕方がないと諦めていますし、そもそも下着なのでくたびれて見えても大きな問題はありません。

モンベルのエクスペディションも暖かいことは暖かいんですが、とにかく毛玉がすぐできます。それとかなり厚みがあって、タイトめのシャツの中には着にくいかも知れません。

それがブレスサーモはそれほど厚みもなく、そしてとにかく毛玉ができない。型崩れもしない。

それはヘビーウェイトでも、ウール混のウールヘビーウェイトでも同じです。

とにかく型崩れや毛玉ができず、何回着ても・洗っても新品の時と余り変化がありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

25%OFF (ミズノ)MIZUNO Mens ブレスサーモ ヘビーウエイト ク...
価格:5103円(税込、送料別) (2017/2/10時点)

ユニクロのヒートテックや極暖を二枚重ね・三枚重ねで着ている人は是非一度ブレスサーモを試してみて欲しいと思います。

ブレスサーモ 唯一にして最大の欠点 それは「価格」

ブレスサーモが素晴らしく暖かいことは分かっていますが、奥さんは

  • ヘビーウェイト
  • ウール ヘビーウェイト

の2枚を着まわしています。ユニクロのヒートテックシリーズやモンベル製品を組み合わせていますが、その理由は価格。

  • ウール ヘビーウェイト:8964円(毛36%・ブレスサーモ9%)
  • ヘビーウェイト:6804円
  • ミドルウェイト:5724円
  • ウール ライトウェイト:9720円(毛34%・ブレスサーモ10%)
  • ライトウェイト:4644円

ごらんの通り、決してお安くはありません。

しかも、ユニクロのように大セールがほとんどありません。あっても2割引程度。

そうなるとユニクロの極暖や超極暖を複数枚重ねで着た方がコスパは間違いなくいいです。

ただ、枚数を3枚にしたら暖かさも3倍になる訳ではないので、この当たりは比較が難しいところです。

ただ、今「極暖と超極暖を重ね着しても未だ寒い」とか「重ね着し過ぎて着ぶくれが嫌」とか「重ね着で動きにくい」というお悩みがある方は是非一度ブレスサーモを試してみることをおすすめします。

今までセールがほとんど無かったブレスサーモですが、最近はちょこちょこと値引きを目にするようにもなってきました。楽天でもウール ヘビーウェイトが送料込で6000円代前半で出品されていますので、是非チェックしてみてください。

-ファッション

Copyright© 煩悩天国 , 2021 AllRights Reserved.