煩悩まみれの日々の中で気付いたことを書き連ねてます。インコ達が天使のように舞い降り、煩悩が消えるかと思いきや、新たにインコ欲が加わっただけ。インコに関する記事も多めです。

煩悩天国

メタルラックはやっぱりアイリスオーヤマ製がいいですね

更新日:

ワキコガネさんを迎えた機会に部屋の模様替えをしています。

無印良品の「パイン材ユニットシェルフ」をひとつ追加しましたが、こどもの服が増えるのに伴って置き場がなくなってきた親の服を収納するためにメタルラックを買うことにしました。

6000円位で買える手頃な製品が見付かりましたが、クチコミを見ていると「プラスチックハンマーで叩いたら曲がった」とか、不安にさせるコメントが複数あったので、ここはケチらずにアイリスオーヤマのメタルラックにすることを決めました。

きっと本家はずっと高いんだろうと思っていましたが、価格差は3000円位。

6000円が9000円になるって考えると、価格が1.5倍になってしまってますが、3000円で安心が買えると思い、9000円のメタルラックに決めました。

商品は

アイリスオーヤマ メタルラック CMR-1215 ホワイト

今まではシルバーのメタルラックしか買ったことがありませんでしたが、ホワイトも凄くいい感じ。

我が家にはブラックはちょっと合わないので、これから買い増しする時も、このシリーズのホワイトを買いたいと思ってます。

 

梱包は凄く丁寧で、パーツがお互いに当たって傷がつかないように配慮しながら、荷姿が最小の容積になるように工夫がされています。

メタルラック

メタルラック

下の写真にはオプションパーツの「メタルラックハンガーパイプ MR-120H」が付けてあります。1080円(税込)でメタルラックがハンガーに早変わり。

パイプハンガーよりも頑丈で、このメタルラックの使い方は凄くいい!

メタルラック

組み立ては簡単ですが、プラスチックハンマーがあると便利です

そもそも複雑な構造ではありませんし、分かりやすい説明書も付いていますので、簡単に組み立てることができます。

棚板をストッパーに押し込む時、ラバーハンマーがあると便利です。

確かに使う頻度は高くありません。

でも、メタルラックを組み立てる時や棚板の位置を変える時には「買っといてよかった!!」って必ず思うはずなので、ぜひ一家にひとつ。

 

メタルラック「CMR-1215」を組み立てる時の注意点

過去にもっと大型のメタルラックを組み立てたことがあるので、「CMR-1215」程度のサイズは朝飯前ですが、初めての一人暮らしなんて場合、ちょっと注意が必要な部分もあります。

すべり止め付きの軍手を使いましょう

素手で作業をする場合でもすべる場合がありますが、普通の軍手ではすべり過ぎて作業ができない恐れがあります。

すべり止めのイボイボがついた軍手を使用するのがオススメです。

作業は2人以上で行うことをオススメします

一番下の棚板にポールを通す作業を行う時、適切な台などを使えば一人で作業はできますが、床や他の家具を傷付けないためにも、2人以上で作業を行うことをオススメします。(2人以上と書きましたが、2人で充分)

横に倒した状態で棚板にポールを通して、それから立てる形になりますが、その際にポールが倒れて、近くの液晶テレビや家具を損傷する恐れもありますので、もし一人で作業を行う場合は、周囲に充分なクリアランスをとって作業をしてください。

ポールを継ぐ作業にはかなりの力が必要です

ほとんどの作業に大きな腕力は必要ありません。

力に自信がない女性でも組み立てることは可能です。

ただ、ポールは2分割されていて、それを継ぐ必要がありますが、凹側のパイプのネジ山に付いている塗料の量によっては、パイプを回転させて継ぐ作業にはかなりの力が必要になります。

今回、2本は簡単に継げましたが、半分の2本はかなりの力と時間が必要で、前腕がパンパンです。

力自慢の男手があると安心ですが、どうしても男手が確保できない場合は、シリコン製のキャップオープナーなどでポールを掴んで直径を大きくしてから回すと女性でも継げるかも知れません。

それでも最後まで回せない場合は無理をせずに、誰かに頼んでください。

-家事

Copyright© 煩悩天国 , 2021 AllRights Reserved.