煩悩まみれの日々の中で気付いたことを書き連ねてます。インコ達が天使のように舞い降り、煩悩が消えるかと思いきや、新たにインコ欲が加わっただけ。インコに関する記事も多めです。

煩悩天国

ウロコインコ用のおもちゃに「コクウ(Ko-Kou)」がオススメ!

更新日:

インコ用のおもちゃを選ぶのは、一緒に遊ぶことに匹敵する位の楽しみにひとつです。

でも、それと同時に

  • 口に入れても大丈夫な素材なのだろうか?
  • 誤飲しないだろうか?
  • 鋭利な部分でケガをしないだろうか?
  • 破損してケガをしないだろうか?
  • 足や翼などが引っかかる事故を起こさないだろうか?

などの心配事も尽きず、神経を使う作業でもあります。

おもちゃには、大きく分けると

  • 破壊系:壊して遊ぶもの
  • 非破壊系:壊さずに遊ぶもの

の二つに分けることが出来ますが、今回は非破壊系のおもちゃをひとつご紹介させて頂きます。

その名は「コクウ(Ko-Kou)」

耳慣れない名前ですね。

メーカーは「Scooter Z’s」で、これは目にされた方もいるかも。

アメリカのシアトルにある鳥のおもちゃを製造するメーカーで、価格は控えめながら「コクウ(Ko-Kou)」はMade in USAだったりして、要注目なおもちゃブランドです。

コクウ Ko-Kou

コクウ Ko-Kou

コクウ Ko-Kou

我が家のウロコズはずっと「Scooter Z’s」の「コクウ(Ko-Kou)」を愛用しているのですが、最近「Scooter Z’s」は、合併をされてYaY Noveltyというノベルティメーカーの一部門であるYAY petの傘下に入ってしまいました。

YaY Novelty/Yay petのサイトの「Scooter Z’s」のページを見ると、「コクウ(Ko-Kou)」に似たおもちゃの写真が掲載されていますが、だいぶん雰囲気が変わってしまっています。

実はYaY Noveltyの創業者はカンボジア出身の女性で、かなりやり手な人のようです。カンボジア経済に貢献するためにとカンボジアでの生産に力を入れていく可能性大ですので、「コクウ(Ko-Kou)」を始めとした「Scooter Z’s」ブランドのおもちゃは、今までのMade in USAからMade in Cambodiaに変わって行く可能性が高いため、今後の動向に注意したいと思っています。

ちょうど今、日本で取り扱いがあるCAP!さんのサイトでは「売り切れました。次回入荷までお時間を頂いております。」と書かれていますので、このまま廃番になって、別の商品に切り替わる可能性もあります。そうなったら悲しいです。。。

因みに、CAP!さんのサイトでは、「コクウ(Ko-Kou)」を「Wyld's Wingdom」の商品に分類していますが、恐らくは「Wyld's Wingdom」が卸している関係で間違って掲載してしまっているだけで、「コクウ(Ko-Kou)」が「Scooter Z’s」ブランドの商品であることは間違いありません。

「Scooter Z’s」ブランドの「コクウ(Ko-Kou)」のおすすめポイント

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コクウ
価格:1188円(税込、送料別) (2019/4/12時点)

楽天で購入

 

 

「コクウ(Ko-Kou)」のおすすめポイントは5つあります。

1. 金具は全てステンレススチール製で安心

「コクウ(Ko-Kou)」にはビーズを連結する丸環とリングキャッチが使われていますが、これが全てステンレススチール製で、インコに遊ばせるには安心の素材です。

似た感じのおもちゃがKING'S CAGESからも販売されていますが、金具がメッキで水に付けると直ぐにサビてしまったりと信頼性がイマイチですが、その点「Scooter Z’s」ブランドの「コクウ(Ko-Kou)」は安心です。

ステンレス製のリングキャッチは少し細めで耐荷重は大きくはありませんが、インコが使うのであれば十分以上の強度はあります。ステンレス製のリングキャッチを探したことがある人はご存知だと思いますけど、ステンレス製のリングキャッチだけでも結構な値段がしますので、全部ひっくるめて1188円というのは破格の値段です。

コクウ Ko-kou

2. ビーズ部分の強度は十分あります

我が家のホオミドリウロコインコ3羽が2年近くガンガン使っていますが、未だにビーズ部分の破損はありません。

その子達は、HOEIの465インコの白いトレイをかじってガリガリにしてしまっていますので、噛む癖が無い訳ではありません。むしろ固いものを好んで噛む子達なので、「コクウ(Ko-Kou)」に使用されるビーズの強度はウロコインコが使用する分には問題ないです。

これからオキナインコに使用する予定ですので、オキナインコが破壊することができないかどうかについてもチェックしたいと思います。

3. 非破壊系のおもちゃなので長く楽しめます

我が家のインコズの定番おもちゃは、「Scooter Z’s」ブランドの「コクウ(Ko-Kou)」以外にはプラネット・プレジャーズの商品があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【天然素材】バードブラシ ミニ
価格:336円(税込、送料別) (2019/4/12時点)

楽天で購入

 

 

プラネット・プレジャーズの商品は破壊系おもちゃなので、かなりの頻度で交換する必要があります。

プラネット・プレジャーズ

交換の度に洗って乾燥させるのも手間ですし、安全と言われてはいますが、洗っても残る着色料のことも気になります。

そして、そもそもの事なんですけど、破壊系のおもちゃは破片を誤飲していないかという心配は常に付きまといます。

それと比べると「Scooter Z’s」ブランドの「コクウ(Ko-Kou)」は壊れないので長く遊べますし、誤飲の心配もせずに済むので安心してケージに入れておくことが出来ます。

4. ジャラジャラ・キラキラ感がインコ達を魅了します

インコ用のおもちゃに使われているビーズと言えばおしゃぶり型が定番で、「Scooter Z’s」ブランドの「コクウ(Ko-Kou)」にも取り付けられています。

ですが、ここで使われているおしゃぶり型のビーズは球状の部分に宝石のカットのようなデザインが施されているため、動く度にキラキラします。

また、一番先端に付けられている水滴状の大きめのビーズは、本当にキラキラしていて、光が差し込む場所で使うとサンキャッチャーの感じになって凄くいい感じです!

コクウ Ko-Kou

5. 魅力満載なのに、破格の1188円(税込)

Made in USAで、ステンレススチール製、耐久性が十分でキラキラ・ジャラジャラで長い間インコズが安心して遊べる優秀なおもちゃなのに、価格はなんと1188円、しかも税込!

同じく「Scooter Z’s」ブランドから出ているおもちゃに「ウォータードロップ」がありますが、こちらはジャラジャラ感もキラキラ感も寂しい感じがするのに、価格は1415円(税込)とお得感が減少しています。

これを見ても「コクウ(Ko-Kou)」がいかに優秀かが分かります。

 

CAP!さんのサイトでは、現在「売り切れました。次回入荷までお時間を頂いております。」となっていますが、再び入荷して「Made in USA」などの仕様に変更が無かったら、ぜひ試して頂きたいおもちゃです!

「Scooter Z’s」からのメッセージ

「Scooter Z’s」のタグはこんな感じです。

全ての金属パーツがステンレススチール製であると書かれています。

Scooter Z’s

タグを裏返すと、「Scooter Z’s」からのメッセージが書かれてます。

Scooter Z’s

Since no toy is 100% safe, it is the owner's responsibility to supervise and monitor your pet's interaction with the product regularly.

出典:Scooter Z’sの商品タグ裏面

ここには

100%安全なおもちゃはありませんので、愛鳥と製品との相互作用を定期的に監督ならびに監視するのはオーナーの責任になります。

出典:Scooter Z’sの商品タグ裏面

と書かれています。

強度のあるプラスチックビーズとステンレススチールを使用した非破壊系のおもちゃであったとしても、なにが起こるかは分からず、100%安全と言い切ることは出来ません。

どんなおもちゃを与えるにしても、この言葉を忘れずに、遊んでいる鳥達の行動を監督・監視することを怠らず、事故防止に努めたいと思います。

-インコ, 小鳥

Copyright© 煩悩天国 , 2021 AllRights Reserved.